新築建てるなら、30年後の自分を想像しよう

私の親戚が大工をしている関係で、自宅を建て替えるのを頼みました。建てようと思ったきっかけは結婚して私たち夫婦は私の親と同居していたのですが、第1子が死産してしまったために、私たち夫婦が暮らす環境を変えたいと思ったからです。

住宅を作る際にいろんな建売住宅を廻って、大まかな部屋の設計を自分でできたことです。また大工さんが家を作っている最中でも、台所のカウンターの高さとか細かいことをその時々で実際に現場で見ることができたのがメリットでした。

段差が少なく、機能性がある間取りなのですごく動きやすい家になっています。また収納も台所は床下に、また大きな荷物は広々とした中2階に置くことができます。また天井が高いので夏は涼しくクーラーいらずです。また子供部屋は2室だけでしたが、子供3人が上手くローテーションをして使っているので満足しています。お風呂やトイレもとても使いやすいです。

家というのは決して安い買い物ではありません。もしかすると一生で一度だけしか建てることができないかもしれません。建売住宅、注文住宅とも自分の生活が10年後、20年後、30年後どうなっているかを想像して部屋の数や間取り、お風呂、トイレ、台所、クローゼットなどをしっかりと考えるべきだと思います。