一戸建てに対する自分の価値観と家族の生活


一番は経済能力と、自分のこだわりたい部分でした。どうしても自分が一人になれる部屋がほしかったのです。
設計士さんのもってきた図面では、一階とつながる中階段でしたが、どうしても自分の部屋が欲しくて階段(一階は親世帯・二階は娘夫婦)をなくし、
外の階段を使ってのイキキのみにしました。
自分の部屋は壁に板をはり、カウンターのようなパソコンデスクをつくり、窓枠も自分の気持ちが落ち着く色、ちょっと変わったデザインにして、
仕事のストレスから逃れる部屋を重要視しました。

実現は簡単でした。嫁が全面的に親を説得しました。
中階段はなく、親世帯と顔を合わせることもほとんどなく、自分の部屋で自由時間を満喫できる予定でした。嫁が妊娠し状況は一気に変わりました。
つわりが大変で食事や家事など親がするようになり、雨だろうが台風だろうが、年老いた親は荷物を運ぶために外の階段を利用しました。
嫁が寝室で寝込んだので、私の4畳ほどの無機質でさっぱりしていた部屋は、敷布団と毛布が置き去りにされ、洋服も床に散らばる状況になりました。
今ではやたら荷物が置かれ納戸の様です。子供が生まれ、親世帯に預かってもらうことが増えました。
雨であろうと雪であろうと、子供を抱いて外階段をつかって移動しうる状況です。自分の希望はかないましたが、生活面では家族みんなが苦労しています。

家は自分中心でなく、家族が住む家であり、そして家族が増えれば使い勝手は変わります。
長きにわたり家族が住みやすいように、気持ちが落ち着くように先を考えてみることも大事だと思います。

家づくりは健康と笑顔のためにあるものです。寒すぎても暑すぎても健康には程遠いですし、家族みんなが顔を見合わせて笑顔でいる家づくりをお勧めします。